レコーディングの基本中の基本

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ヴォーカルの録音

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ドラムのレコーディング その1

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ベースの録音

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ピアノの録音 その1

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

DrumsRecording ドラムのレコーディング~マイク選び編~

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。


■ドラムレコーディング~マイク選び編~

ここでは私が特に何も指定が無い場合に使用しているマイクを書きます。
ジャンルはロック~ポップスです。

///////////////////////////////////////////
BD   : MD421 (ゼンハイザー)
SN 上: SM58 (Shure)
SN 下: SM57 (Shure)
HH     : C-451 (AKG)
TOM   : D112 (AKG)
Cymbal:C-414ULS (AKG)
TOP    : K2 (RODE)無指向
///////////////////////////////////////////

このセッティングがノーマルです。

スタジオによってはU87とかU47tubeとかが使えるところもありますが

あまりビンテージマイクなどは参考にならないので紹介しません。

・スネアに使うSM58ですが、ウィンドスクリーン(丸い頭)を外して使います。

基本的にSM57とSM58は中身は同じと言われていますが58の方が音が太い気がしますので使っています。

・あえてシンバルと書いてある414ですが、75Hzのローカットを入れる事が多いです。

・TOPで使うK2ですがK2でなくとも無指向のコンデンサーマイクがあれば良いです。

できれば真空管マイクが理想です。

このマイクはアンビエンス的な目的ではなくワンポイントマイクという位置付けです。

ドラム全体をバランスよく録れるポジションを探します。

大体はドラマーの真正面、顔の高さほどで距離は1Mくらいです。

■注意点

よくサンレコなどの雑誌に「トップマイク2本で全体を狙う」という記述を見ますが

↓こんなの↓

Dr003jpg_2

これはアマチュアやインディーズのレコーディングではお勧めしません。

理由はトップ2本でバランス良く録音できるのはドラムのチューニングやプレイが非常にレベルが高く仕上がっている場合のみで、何もしなくても良い音になる条件はドラムが上手いトッププレーヤーの場合のみです。

ですのであまり録音経験が少ないバンドやミュージシャンの場合は全体ではなく

シンバルを分離よく狙う事をお勧めします。

バスドラやスネアが遠くに聞こえてしまいますよ。

各パーツのセッティングについては今後アップしていきます。

(画像を沢山用意しないといけないので・・)

興味がある方はレッスンのページ もご覧下さい。

レコーディングスタジオでの実践レコーディングセミナーも近々始める予定です。

Drums_topjpg

ベース録音 その2(ウッドベース編)

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ピアノのレコーディング その2(クラシックピアノ)

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。

ポップガードをしても"吹かれ"が出る場合の裏技

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。



ボーカル録音時に「パ」「ポ」「ふ」などの発音時にマイクが吹かれて「ボボ!」と鳴ると言う事がありますが、これを防止するのがポップガード(ウィンドスクリーン)と呼ばれるアイテムです。
薄い布や金属網のものまで様々あります。

しかし歌い方や歌手によってはどうしてもポップガードでは防げない吹かれが発生したり、べたオン(ものすごい近くで歌いたい時)の場合などではポップガード自体があまり機能しない場面も出てきます。
回避方法は幾つかあって、顔を少し横にそらす、マイクから離れるなどが考えられるのですが、ここではそういった歌い手の動作に影響の出ない裏技を紹介します。

ここで紹介する方法はU87等のラージダイヤフラムタイプと呼ばれるマイクに有効な方法です。
SM58やスモールダイヤフラムタイプではお勧めしません。

方法は簡単。
ダイヤフラムの真ん中に鉛筆などの細い棒状の物を貼る。これだけ
(参考画像)
Pop
テープなどでマイク本体に貼ってしまいます。

そもそも吹かれというのは息が風になってダイヤフラムを揺らしてしまう現象なので
このように物理的に風を逃がしてあげれば回避できるのです。
音が変わるかと言われれば多少の影響があると思いますが吹かれてしまってはどうしようもないのでこういう手法もあるよ と頭の隅にでも置いておくと使える場面があるかもしれません。

歌手の癖、言語、曲のテンションなどで吹かれは突発的に出たりするので「ポップガードしてても吹くからマイクから離れないと・・」と悩む場面で試してみて下さい。

_

_

_

_

*当サイトの文章・画像・音声等を無断で引用、転載する事は出来ません。

Endend

アコースティック・ギターの録音

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。



アコースティック・ギターの録音

最近はアンプシミュレーターのおかげでエレキギターは家でライン録りする事が多いと思います。これはプロの現場も同じでスタジオを使用しないという経済的メリットは非常に大きいと思います。
しかしアコースティック・ギター(以降AG)の録音はマイクを使う事が殆どです。

今回はAGのレコーディングについて説明していきます。

まず使用マイクですがコンデンサーマイクを使う事が多いです。
よく使用されるマイクを一覧にしてみます。

・AG録音に使用されるマイク
ノイマン:KM84,U87,U67,U47tubeなど
AKG:C451

マイクのチョイスは楽器や演奏方法によって変えたりするのですが、ギブソンのAGでストローク中心で力強い音が欲しい時はU67などのラージダイヤフラムのマイクを使用する事が多く、マーティンのAGでアルペジオや指弾きの繊細で綺麗な音が欲しい場合はKM84などのスモールダイヤフラムのマイクを使用する事が多いです。

ブルースのような枯れた音が欲しい時はダイナミックマイクを使う時もあります。

・AGのマイキングについて
マイキングはよく「ホールを避ける」という事が言われますが、これも楽器や弾き手により変わります。
簡単に言ってしまえば良く鳴って良い音のする楽器はホールが一番音が良い という事です。
少し鳴りの弱い楽器だとホール(図A)を狙うと低音が強すぎて飽和した音になってしまうので図Bのあたりを狙うと程よい音になります。
距離はどちらも大体30cmくらいです。あまり近くに立てると演奏の邪魔になるので気をつけましょう。
Ag_micking1

他にもオフマイクを立てたり、裏技として裏からボディー部分へ向けてダイナミックマイクを立てて胴鳴りのみを録音して足す事もあります。

・その他
録音してみると意外とピックの音が大きく気になる事があります。特にストローク演奏の時にカリカリ、シャカシャカと大きな音が録音されてしまう場合はピックを薄いものか柔らかいものに変えると軽減出来ます。
録音の時用に何種類かピックを用意しておくと便利です。

アコースティックギターの録音はラインのみでマイク録音をした事が無い人も是非一回マイクに挑戦してみて下さい。



_

Recend