« 関連サイト一覧 | トップページ | トリガーの使い方(裏ワザ?) »

24トラック ドラムマルチデータ教材

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。



Drums_top

生のドラムをレコーディング・ミックスしてみたい

そう思ったことはありませんか?

ドラムをレコーディングしてみたい とは思っても 

どこにマイクをたてたらいいのか?
どんなマイクを使えばいいのか?
わからない事が多くて不安だ・・・



例えば実際の生ドラムのレコーディングのシミュレーションが出来るものをほしいと思ったことはありませんか?

それがこのデータで可能です。

24TR ドラムマルチトラックデータ 96kHz 24bit (3,000円 税込) 

24TR  ドラムマルチトラックデータ 48kHz 24bit (2,000円 税込)

自分でドラムをレコーディングする前に仮想予習用としても使用できますし ドラムの音作りやミックスダウンの練習に使用する事もできます。

このドラムマルチトラックデータではドラムのレコーディングでよく使われる代表的なマイク、SHURE SM57、MD421、NEUMANN U87など、様々なマイクを収録しています。

また一部のポジションではダイナミックマイクとコンデンサマイクを同じ場所にセッティングしています。
これによりマイク違いによる音色の違い、使い方の確認ができます。

少し内容を説明してみます。

まず、バスドラム

バスドラムはゼンハイザーMD421を使用してフロントのホールから中に入れたマイクと少し外側に出したなマイク、ビーター側から打面を狙ったaudiotechnica  ATM25の三種類を収録しています。

各パーツごとにマイクの場所などを記録した図面と写真を添付していますので
実際にマイクを立てるときに目安になります。
02_pdfsample

収録データは
・バスドラム3トラック、スネアドラム3トラック
・ハイハット2トラック、タム3トラック
・トップマイク ステレオで2(4)トラック、オーバヘッドマイク2トラック
・ワンポイントマイク、ルームマイクステレオで3(6)トラック

合計24本分となります。

また通常は録音時にマイクプリアンプを選んだりイコライザーやコンプレッサーをかけたするのですが、この録音データは全てのマイクを全て同じコンソールのマイクプリアンプを使用してイコライザーなどの加工は一切行っていませんのでマイクだけの音を忠実に聞くことができます。

収録データはwave 96kHz24bitと48kHzの二種類からご選択いただけます.。

ぜひドラムのレコーディングにお役立てください。

生ドラム マルチトラックデータ【4曲セット】96kHz-24bit】を購入する

生ドラム マルチトラックデータ【4曲セット】48kHz-24bit】を購入する

****************************************
収録に協力いただいたドラマー紹介

11954644_886496378099800_1061963570

金成葉子
日本大学芸術学部音楽学科打楽器コース卒業。
女性だけのビッグ・バンド・ジャズグループ
「ブルーエアロノーツ」やアニメソングを中心にビッグバンド風にアレンジする「東京ブラススタイル」などメンバーとして全国各地、海外で活動。

現在はベースとドラムだけのオリジナル2ピースバンド
「シマシマエレクトリック」で活動し、2014年には東京ビッグサイトで行われた楽器フェアにの出演や、2015年にはロサンゼルスや韓国など海外でのツアーを成功させた。

その他ビートルズトリビュートバンドなど主に歌もののサポートを都内中心に活動中。


Copyright

« 関連サイト一覧 | トップページ | トリガーの使い方(裏ワザ?) »

c ミックスコンペ・企画など」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1156223/63148207

この記事へのトラックバック一覧です: 24トラック ドラムマルチデータ教材:

« 関連サイト一覧 | トップページ | トリガーの使い方(裏ワザ?) »


  • サウンドハウス