« Pro Tools VS Cubase6 その2 | トップページ | 大規模レコーディングスタジオは必要か? »

マイク選び -その1-

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。



■■レコーディングのマイク選び■■
レコーディングにはマイクが必要です。
でも沢山あるマイクの中からどれを選べば良いのか?
これは非常に悩むものだと思います。
特に自分でマイクを買う場合などは値段などと比較して悩む日々が続くことでしょう。

最初にマイクの種類
まずはマイクの種類を知っておきましょう。
大きく分けると
1、ダイナミックマイク
2、コンデンサーマイク
3、リボンマイク

この3種類にマイクは分類されます。
マイクの仕組みと構造についてはAudioTechnicaさんのHPで詳しく説明されていますので興味のある方はチェックしてください。非常にわかりやすく書かれています。

・まずはダイナミックマイク。
ごっぱーの愛称で有名なSHURE SM58がこれにあたります。
主にドラムなどの打楽器、ギター・ベースアンプに用いられます。
レコーディングスタジオ等で使用されるものをまとめてみます。
_________________________________________
AKG D12、D112
SHURE SM58、SM57、Beta52
SENNHEISER MD421、MD421Mk-2
AudioTechnica ATM25
ErectroVoice RE20
__________________________________________
大体このくらいです。
意外と少ないでしょ?
D12、MD421などはビンテージマイクの部類になります。
マイク選びはキャラクターが重要。
それぞれのマイクのキャラクターは後で詳しく書きますが、「これがあれば他のマイクはいらない」といった万能マイクは存在しません。
目的に合ったマイクを使っていく というのが基本です。

次にコンデンサーマイク。
ノイマンU87などがこの種類です。
主にボーカル、アコースティックギター、シンバル等の金物、ピアノ、バイオリン、管楽器などに使用します。
値段が高いという印象があると思いますが最近では1万円程度から各メーカー発売されているので自宅録音や個人所有の敷居もかなり下がりました。
しかし、個人で買う場合に何を買えばよいのか悩むマイクでもあります。
レコーディングスタジオ等で使用されるコンデンサーマイクをまとめてみます。
______________________________________________________
AKG C12、414シリーズ、C451
NEUMANN U47Tube、U47FET、U67、U87、U87Ai、KM84、M49
DPA 4006、4011
SONY C38、800G
______________________________________________________
他にも沢山あるのですが、新品で買える低価格帯のマイクについては後で記述します。
これもキャラクターをチョイスするのですが、ノイマンとAKGではメーカーのキャラクターがあります。
さらに真空管のものも多いのでキャラクター選びは選択筋が沢山あります。

その2に続く

« Pro Tools VS Cubase6 その2 | トップページ | 大規模レコーディングスタジオは必要か? »

08.機材、機器について」カテゴリの記事

コメント

ドラムなどの打楽器、ギター・ベースアンプに用いられるダイナミックマイクは58ではなく57では?

58は一番有名なマイクなのでダイナミックマイクの代表として表記したつもりですが、わかりにくい書き方ですみませんでした。
ドラムなどの打楽器、ギター・ベースアンプに使われるのがダイナミックマイクという意味です。

RODEの、NT4とNT5はどちらがオススメでしょうか?
なんにでも使えてセッティングが楽なのはNT4の方だと思うのですが…
自分はこれとAKGのC214を組み合わせて宅録で弾き語りから、全パート何から何まで録音しようと思っているのですがアップライトピアノやドラムセットも録音できるでしょうか?とりあえずコンデンサーマイクの候補は以上のふたつです。ダイナミックマイクはSM57とゼンハイザーの421-Mk2を検討しています。参考までにご意見を下さい。


NT4とNT5ですが
利便性で言えばNT4となるかも知れません。
但しNT4はXYセッティング固定ですのでマイクセッティングの自由度は低いです。
ピアノのオフやドラムなどワンポイント向きの商品でしょう。

カプセルはNT5と同じというような情報もありますので
私が買うとすればNT5になります。

NT5ですとピアノにしてもドラムにしてもギターにしても自由なセッティングが可能です。
NT4はスタンドが1本ですむ という理由だけのメリットに思えます。

AKG C214を2本お持ちでしたらNT4でも良いかも知れません。
1本でしたらドラムの録音まで考えた場合NT5の方が絶対に重宝すると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Pro Tools VS Cubase6 その2 | トップページ | 大規模レコーディングスタジオは必要か? »


  • サウンドハウス