« ノイマン社HPのマイククイズページ | トップページ | ディレクション能力の必要性について(その1) »

スタジオで起こった怖い話2

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。



今回の怖い話。
本当の怖い話です・・・。

テレビ局やレコーディングスタジオには心霊話が多いのですが
電気的なものなのか何なのか・・・実際にそういう場面に遭遇する事があります。


ある沖縄出身のダンス+ボーカルユニットのレコーディング中の出来事です。
歌を歌う女の子はまだ若く、人見知りな事もあり、レコーディング中は知らない人がいると恥ずかしいというので、スタッフも最小限以外は退室して作業をしていました。

作業は進み録音は順調に進んだのですが ある時彼女がマイク越しにこう言いました。

「すみません・・入り口の男の人誰ですか?」

スタッフ「え?誰もいないけど」

「ドアの横にスーツ着てる男の人がさっきからいるんですけど・・」

・・・と次の瞬間。

「バチン!」という音と同時にNEVEの卓のプラズマメーターが
全チャンネル "バ!バ!"と点滅してテレコ(SONY3348)が早送りで暴走して止まらなくなりました。

その後は特に何も無かったのですが、彼女にだけ見えていた"スーツの男"は誰だったのでしょうか?
________________________________________________________________________
後日その話を霊感の強いスタジオスタッフに話したところ
「3スタの入り口? いるよスーツの男」
「死んだインペグ屋じゃねーの?ハハハ・・」

と軽く言われてしまいました。
インペグ屋の霊って・・・業界っぽいですね。

ああ 怖い

« ノイマン社HPのマイククイズページ | トップページ | ディレクション能力の必要性について(その1) »

06.レコーディング現場実話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ノイマン社HPのマイククイズページ | トップページ | ディレクション能力の必要性について(その1) »


  • サウンドハウス