« 安いレコスタについて  | トップページ | DAW音質比較ページ »

おいおいマジですか?! な事件

2016/12 当ブログを移転いたしました。
新しいブログはhttp://www.recording69.com/になります。

引き続きよろしくお願いいたします。


今から10年ほど前の事です。
レコーディング業界はちょうどProTools 24Mixが出始めた時で
スタジオでもMTRの代わりに使われるセッションがちらほら出てきた時の話です。

いちおう今回はProToolsメインの話ではありません。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エンジニアは若く、私の2歳か3歳上だったと思います。
超有名バンドセッションでしたが、別のプロデューサーシングルを担当する事になり
いつものエンジニアではなくプロデューサーお抱えのエンジニアがやってきました。

彼は当時珍しいProTools使いで あの便利な魔法の箱を使いたいが為の人選にも感じました。

理由は
音が良くないから
です。

それは置いておいて。

そのエンジニアがある衝撃質問を私にしました。
それはブースでローズの音色を作っているときに
キーボーディストがギタリストにエフェクターを借りて
インサートにはさもうとしている会話を聞いていた時です。
Key「ギターってローインピーダンスだっけ?」

とエンジニアが私に質問します。


「○○君、インピーダンスって 何?」

ええ~!!
インピーダンス知らないでエンジニアやってるの!?

教えましたが「ふーん」って感じでした。

しかもその後彼はミックスダウン時にDATマスターで録音していたのですが
「DAT回すと吸われている感じがするな~」
と文句を言うではないですか!

インピーダンス知らないくせに"吸われる"って・・・・・

ああ・・何も知らないんだな この人
と思ってしまいました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
そんなインピーダンスも知らなかった彼もいまや売れっ子エンジニア。
業界では誰もが知る有名人です。
結果、インピーダンスなんて知らなくてもエンジニアで成功できる人もいるって事。
どうなるかわかりませんね。

« 安いレコスタについて  | トップページ | DAW音質比較ページ »

06.レコーディング現場実話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安いレコスタについて  | トップページ | DAW音質比較ページ »


  • サウンドハウス